キャッシュポイントを考える

読者数は「質」か「量」か

今メルマガを出していて、部数が1万部弱まで来ました。
これから読者を増やそうとしているのですが、ある人に聞くと、量が大切だと。
でも人によっては、質がいいと言います。

平野さんはどっちがいいと思いますか?

この質問は、メルマガ発行者の永遠の課題ともいえます。

答えを言うと『両方とも大事』

しかも、自分のビジネスモデルがどうなっているのかを見極めないと、選べない。
ということになります。

質なのか量なのか。
という二者択一の議論に入る前に、あなたのビジネスの流れをきちんと考えなおし、設計図を書き出してくださいね。

メルマガからお金を得るまでの流れを考える

平野友朗のメルマガは、以前は【広告+啓蒙モデル】でした。

広告ビジネスの場合は、「興味が薄くても、(可能性が少しでもあれば) 一人でも多くの方に登録をしてもらう」のがいいのです。広告モデルの場合は、部数に応じて広告としての売り上げが比例してきます。読者数こそが大事なのです。

だからこそ、ある程度の質をキープしながら、さまざまな手段を使って増やすべきといえます。
※質がキープできないと、広告が入らなくなるので、ビジネスモデルが破綻をきたしてしまいます。

逆に、商品を販売もしくはサービスを提供して初めて収益になる。
もしくは、読者さんがアンケートやサイトなどに参加をして初めて収益になる。

そういったモデルでメルマガを出している場合。
※これからはこちらのメルマガが主流でしょう

絶対的に、「質」を考えながら、読者集めをするべきです。

その場合は、一人でも多くの質の高い読者を求めることになります。
そうなると、自社サイトでの集客やセミナーなどリアルな場からの集客なども有効です。

数は集まらないですが、ターゲットにマッチした人が集まります。
対象がはっきりしていると、メルマガの質も上がり、売り上げも上がります。

あなたのメルマガの収益はどこにありますか?
キャッシュポイントが見えていますか?

これが大事なんです。
あなたのメルマガの収益構造が見えたら

「質」を追うべきなのか
「量」を追うべきなのか

これがわかるでしょう。

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。