アイ・メールのエラー内容を把握する方法

エラーの種類は複数ある

メールが届かない理由としては、「ドメインが存在しない」「ユーザーが存在しない」「メールボックスが一杯」「受信拒否」など複数の理由が考えられます。

この中で「ドメインが存在しない」「ユーザーが存在しない」などは何度送っても届かないですから、今すぐに削除すべきデータです。

今回は、アイ・メールのエラー内容をどのように調べるのかについてまとめました。

管理画面の配信履歴をクリック

赤で囲った「配信履歴」をクリックしてください。
81ec67dc2008713d3b3955b07715ee29

エラーデータをダウンロードする

失敗の列の数字をクリックします。
この例では、598をクリック。
すると、この日のエラーデータがCSVでダウンロードできます。

948077d6239c7be19066a644475dfee8

ダウンロードしたデータを確認しましょう

データを見てみると、「アドレス」「コード」「エラー理由」が一覧で表示されます。

14f89df5b2bd62614a1b2772d7419a7e

アイ・メールで認識できるエラーは、以下の6種類です。

  1. 450 メールボックスが利用不可
  2. 451 受信側でエラーが発生
  3. 452 受信側でエラーが発生(容量不足)
  4. 550 メールアドレスが存在しない
  5. 552 受信側でエラーが発生
  6. 554 メールアドレスが存在しないか一時的に拒否
  7. 550(rejection) 受信拒否設定

エラーアドレスをデータベースから削除する方法

削除画面を開きます

管理画面左の「一括処理」をクリック。
次に画面上部の「一括削除」をクリックします。

13092a5f390afde5c638e6ec463542f4

ファイルのひな形を入手

削除用CSVをクリックしてください。
削除用CSVは自動的にダウンロードされます。

1f4fd50b5786ea60cb0f4559550527ae

データの削除

先ほどのCSVファイルのアドレス欄に、削除したいアドレスを貼り付けます。
1行目はこのままにして、2行目以降に貼り付けてください。

次に、「ファイルを選択」ボタンを押し、先ほど作成したCSVファイルを選んでください。

7925347429469706f581ea95e14d1d6b

これで削除は完了です。

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。