迷惑メールにならないように

迷惑メールと今後やるべきこととは

最近、メルマガの評判がどんどん悪くなっています。いいメルマガを書いている人もいるのですが、昔ほど多くないといわれます。

実は…そうではありません。

いいメルマガを書いている人の人数は同じかもしれません。
それ以上に、コンテンツのないメルマガが増えたこと。これが業界に大きな影響を及ぼしています。

情報や読み物としての存在価値のないものが増えたようにも感じています。

  • 出会い系のスパムメール
  • アフィリエイト情報ばかりのメルマガ
  • 情報起業のメルマガ

メルマガの効果がなくなった!?

「メルマガの効果がなくなった。」

この言葉を聞いて久しいのですが、こうなってしまった理由は、やはり「迷惑メール」の存在が大きいと言えます。迷惑メールが増えたため、必要なメルマガが埋もれてしまって一緒に消されてしまう。 これが日常的に起こるようになっています。

もしくは、「メルマガ=怪しい」という図式が存在するため、メルマガと名のつくものが嫌われ始めている。これも事実です。

最近では、購読した記憶が全くないメルマガが届いたりすることも珍しくありません。最低限、解除方法が書いてあればいいのですが、そういうメルマガに限って、Yahoo!のメールアドレスで配信されていたり、解除方法がなかったり・・・。

情報起業やメルマガアフィリを完全に否定するつもりはないです。
でも、一部の心ない配信者の影響で、それらの業界もダメージを受けていることは明らかです。

今後メルマガ発行者がやるべきこと

最近は、メール配信で営業をすることが法人でも当たり前になっています。
「オプトイン方式(事前の同意を得る)」を守らず、いきなり送ってくることも珍しくありません。

最低限、解除がワンクリックでできればいいのですが・・・。

「不要の方は、メールを返信してください」というものも珍しくありません。(これは絶対にやっちゃダメなんです。)

今まで、メルマガをちゃんとやっていた人は、法の改正についても問題ないですが、これまで以上に神経を使って、メルマガを配信する必要があります。グレーゾーンの配信をやっている方は要注意です。

総務省などで配布されている文章を読んでみると悪質なものへの強化でありそうです。その他のメルマガはあまり視野に入れていないようにも感じます。

ただ、そうはいってもルールは変わるわけです。知らなかったでは済まされませんよね。重要なのは、これらを徹底することです。

  1. きちんと許可を取った人に対して配信
  2. ワンクリック解除できるようにする
  3. 送信者の情報をきちんと載せる
  4. 解除依頼があったら2度と送らない

ルールをみんなが守れば、もっとメルマガもいきるようになるでしょう。
まずは、このサイトをご覧の方だけでも、きちんとした配信をしてくださいね!

メールに関する法律について

さて、この迷惑メール問題について、法律の改正がされました。必ず確認してくださいね。

迷惑メール防止センター
http://www.dekyo.or.jp/soudan/index.html

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。