メルマガの登録設定、放置していませんか?

メルマガをスタートされる方は、基本的にBCCなどのメール機能を使うというよりかは、登録者などの管理もできるメルマガ配信システムを契約することがあると思います。弊社アイ・コミュニケーションでも、「アイ・メール」というシステムを提供しており、このシステムを使ってメルマガをスタートされる方を多く見てきました。

しかしメルマガの配信システムというのは、メルマガを配信するまでにするべき設定がいくつもあるのです。

たとえば、

  • メルマガの配信時間やテーマなどの基本設定
  • ヘッダー・フッダーの設定
  • 読者登録フォームの作成 etc…

こういった設定が面倒だからということで、一度簡易的に設定をして、そのまま放置してしまっている方が多いのですが、あなたはどうでしょうか?

じつは登録メールが、1番精読率が高い!?

新規でメルマガを始められる方は、まずメルマガをスタートすることが目的になるので、初期設定を簡易的に済ませてしまうケースがあります。早くスタートするためであればそれはOKなのですが、一方で「簡易設定をしたことを忘れている」方も少なくはありません。

じつは私もそのうちの一人で、私の場合は、登録時に届く自動返信メールは以下の通りとなっていました。

登録が完了しました。▼登録内容
都道府県 : 東京都
E-Mail :hirano@sc-p.jp
お名前(姓) : 平野
お名前(名) : 友朗登録内容の編集・解除は下記より行ってください。

▼登録内容編集
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=icom

▼配信停止
https://i-magazine.jp/bm/p/f/s.php?id=icom&mail=xxxxxxxxx

いかがでしょう? なんだか味気なくありませんか?(笑)

じつは登録時の自動返信メールは、比較的精読率が高いものです。なぜかというと、登録したことの確認の意味もありますが、メルマガを登録した時が、あなたのメルマガに対して一番興味を持っている状態だからです。

  • この人はどんな文章を書いているんだろう?
  • この人はどんな内容を届けてくれるんだろう?
  • (知り合いの場合)メルマガと普段のギャップはあるだろうか?

相手がもつ自分へのイメージとのすり合わせを行う意味もありますが、そうした興味・関心が一番高まる瞬間なので、記載内容がこれだけだともったいないのです。

平野の登録メールの内容を公開!

ちなみに、私の場合は以下のような文言で自動返信メールを送っています。ちょっと長いですが、貼り付けますね。

この度は、ご登録ありがとうございました。
アイ・コミュニケーションの平野友朗です。「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」の
登録が完了いたしました。特典音声やPDFのダウンロードURLは本メールの中でお伝えしています。
ご確認よろしくお願いいたします。

▼ご登録内容
——————————————————————
都道府県 : 東京都
E-Mail :hirano@sc-p.jp
お名前(姓) : 平野
お名前(名) : 友朗
——————————————————————
※お名前が「あ」など明らかにいたずらと分かる登録があった場合は
削除することがございますので、ご了承ください。

継続して情報を受けとりたい場合は正しい情報に修正してくださいね。
情報の変更は以下のページから可能です。
https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=icom

まずは、小冊子をじっくりお読みいただき
メルマガについての理解を深めてくださいね。

◆ダウンロードはこちらから
http://m-magazine.jp/mail/XXXXXXXX(この特典が欲しい方は登録してください)

■8日間講座の目次

◎1日目:発行の目的を決めましょう
◎2日目:そのメルマガの送り先は誰ですか?
◎3日目:読者が求めているテーマこそ送るべき内容なのです
◎4日目:配信時間はいつがいい?
◎5日目:どんなシステムを使って送るべき?
◎6日目:メルマガを書く人に求められるもの
◎7日目:メルマガを書く上で気をつけたい7つのこと
◎8日目:メルマガを継続するための秘策

なお、プレゼントは弊社の運営サイトである「メルマガの教科書」の
メルマガ基本講座の登録者と同様のものをお渡ししております。
※両方に登録する必要はありませんのでご安心ください。

——————————————————————
◆お知らせ1 ~PDFや特典を今すぐダウンロードしてください
——————————————————————

★特典1:高確率な相互紹介

相互紹介を円滑に行うためのレポートです。

メールコミュニケーションの原点ともいえる内容です。
以前は9,800円で販売をされ、すでに3,000人以上が手に取っているものですが、
内容も一般化されてきましたので、無料で差し上げています。

★特典2:特典音声
★特典3:チェックシート

メルマガ発行者の多くが抱えるお悩みにメルマガコンサルタントの平野が
丁寧な解説をつけた音声データをご用意しました。
付属のメルマガチェックシートにご記入いただき
そちらを見ながらお聴きください。

以上のメルマガ企画小冊子および3つの特典は
こちらのページからダウンロードしていただけます。

http://m-magazine.jp/mail/XXXXXXXX(この特典が欲しい方は登録してください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆お知らせ2 平野友朗のもう一つのメルマガも読んでみませんか?
~さらに400分の音声をプレゼント!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もっと平野友朗のコンテンツを知りたい方は
ビジネス実践塾のメルマガにもご登録ください。

http://www.jissenjyuku.jp/XXXXXXXX(この特典が欲しい方は登録してください)

現在無料の音声を期間限定で公開中です。

これだけでも相当の価値がある音声。
まずはご登録くださいね。

プレゼントしている音声は次の6種類です。

●音声1:平野友朗からのメッセージ

平野友朗の仕事に対する想い、ビジネス実践塾を作った理由、
ビジネス実践塾で得られるものを収録しています。 18分、8.43MB

●音声2:人脈の作り方解説音声

2010年3月に収録した人脈構築ノウハウです。仕事とお金を引き寄せる
人脈を作りたい人にオススメです。55分13秒、25.2MB

●音声3:情報の裏を読み翻弄されない方法 他

世の中にある情報がすべて正しいとは限りません。鵜呑みにすると
その先にあるのは・・・。本当に必要な情報を見極める方法を伝授します。
ビジネス実践塾19号の有料音声を無料で公開。57分57秒、26.2MB

●音声4:弁慶丸の河西信明さんとの対談

脱サラして漁師になった弁慶丸の河西さんとの対談です。漁業をビジネスとして
成功させた極意。平野友朗のコンサルティングテクニックをご紹介します。
76分46秒、35.1MB

●音声5:株式会社エトス 門田由貴子さんとの対談

組織風土や職場の診断と改善を得意とする、エトスの門田さんとの対談です。
大企業と自営業、規模は違いますが両者に属する人達として必要なのが
「パーソナルブランディング」。会社組織の処世術や人脈の増やし方、
役員に覚えてもらう、引き上げてもらうノウハウを公開。55分52秒、51.1MB

●音声6:社会保険労務士 井寄奈美さんとの対談

社労士で2,000万円稼ぐ井寄さんとの対談です。
仕事の取り方、裁き方、拡大方法まで。
独立している、独立したい、士業・コンサルタントさんにオススメです。

http://www.jissenjyuku.jp/XXXXXXXX(この特典が欲しい方は登録してください)

それでは、次回の配信をお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社アイ・コミュニケーション 平野友朗
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-10-2みさきBLD7階
電話 03-3263-4900 / FAX 03-3263-4903 / メールhirano@sc-p.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アイ・コミュニケーション公式サイトhttp://sc-p.jp/
ビジネス実践塾http://jissenjyuku.jp/
ビジネスメールの教科書 http://business-mail.jp/
http://business-mail.jp/
メルマガの教科書http://m-magazine.jp/
メール独自配信「アイ・メール」http://imail-system.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎配信メール先の変更・解除は以下のURLからお願いします。
https://i-magazine.jp/sm/p/f/tf.php?id=icom

こうして特典の提供をしつつ、別のウェブサイト等の情報も伝えています。それによって、他に相手の興味関心が生まれる分野があるかもしれません

たとえばマーケティングの情報収集がきっかけでメルマガに登録してくれた人が、ビジネスメールの認定講師に興味を持ってくれるケースもあります。もちろん頻繁にあるわけではありませんが、こうして開示しておくことで、何処かのタイミングで思い出してくれる可能性もあるということです。

返信メールなどの設定内容は、定期的な見直しを!

最初こそ少し初期設定で放置をしてしまっていましたが、今ではこの返信メールの内容を定期的に見直しています。なぜなら、どうしても掲載している情報が古くなってしまうからです。

これにより、ある一定数ビジネス実践塾など、別のサービスにも興味を持ってもらえています。簡易設定で簡単に始めてしまうと、こういった重要な箇所の見直しを忘れてしまいます。

たまには、お客さんと同じ導線を通って、ご自身のメルマガに再登録してみてくださいね。

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)