PCインストール型ソフト vs ASP配信システム

これからのメルマガは独自配信で

メルマガをビジネスに活用したいのであれば、断然、独自配信をオススメします。

読者のニーズは多様化しています。
多くの人に伝える情報とセグメントされた読者に伝える情報は分けるべきです。
最近では、対象となる読者を絞り込んだ「セグメント配信」が一般的になってきました。

セグメント配信がポイント

セグメント配信なら配信先の絞り込みができます。
相手にマッチした情報を届けられるため反応率は高くなります。

一般のお店でも、集客に使うチラシと、顧客維持に使うDMは違います。
その内容や構成、配信対象を変えています。
それと同じことです。

独自配信システム

独自配信システムには大きく分けて2種類あります。

  1. PCインストール型の同報配信ソフト(大量配信・名前の挿入ができるもの)
  2. ASPサービス(2,000円程度~数万円まで)

PCインストール型の同報配信ソフト(大量配信・名前の挿入ができるもの)

1~2万円くらいで購入可能なメール配信専用のソフトです。
PCにインストールするだけですぐに使えます。

メリット

  • 1度購入してしまえば月の固定費がかからない
  • 読者リストの保有もできる

デメリット

  • 使用できる回線の確認が必要
  • 契約しているプロバイダによって配信数に制限がある
  • 大量配信には不向き
  • 解除がしにくい(依頼メールを送るなどが必要になる)

ASPサービス(2,000円程度~数万円まで)

安価なものから数万円のものまであるので、ステージに合わせて移行するとよいでしょう。

メリット

  • 効果的なセグメント配信が可能
  • 安いシステムは2,000円くらいからのものもある
  • 同時に送れる
  • 読者が解除をし易い
  • システムのバージョンアップがある

デメリット

  • 毎月コストがかかる

独自配信は顧客を持つ企業やビジネスマンにとって十分に意味のある投資になるはずです。
ただ、保有するリストをきちんとメンテナンスして、送ってはいけない人を除外しないと、クレームにつながるので注意してくださいね。

このメンテナンスの作業は大変ですが、しっかりとやらなければいけません。
それができるだけで大きな成果を得られると思いますよ。

平野友朗が提供する独自配信システムは「アイ・メール」です。詳細ページでご確認ください。

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。