メディアからの取材につなげる

取材を多く獲得するには?

TVや雑誌などメディアの方々が情報収集する手段として、人脈を利用したりするのと同時に、インターネットでの検索があります。

メルマガは「情報を売る」という点がクローズアップされています。
しかし、実は多くの人に見つけてもらえるというパブリシティ効果も高いです。

何かに特化したメルマガを発行しつづけていることで、その”何か”が、メディアの方が探している情報の検索に引っかかるのです。それをきっかけに、メディアから取材の依頼がくることがあります。

バックナンバーを公開しよう

きちんと情報の蓄積があることを見せるのが大事です。
サイトやブログでOKです。
プロフィールを見てもらえるきっかけにもなりますね。

メルマガ発行というインターネット上で、情報を完全にオープンにしましょう。
いろんな人に見てもらえる、メディアの方から見つけてもらえるからです。

メディアの掲載実績があれば、メルマガに書こう

実績を読んだメディアの方から取材されやすくなります。

取材募集中と書こう

メルマガの中に取材募集中と書くのも有効です。
これで実際に取材を受けている人が、たくさんいますよ。

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。