有料メルマガの配信システム

有料メルマガの売り上げ構造

有料メルマガをスタートするには、売り上げの構造を理解しなければなりません。
その仕組みはとてもシンプルです。

一般的なケース

月の売り上げ=(メルマガ購読料×人数)-経費
経費=広告費、配信システム利用料、ライターの費用

読者獲得を自分でおこない、メルマガも自分で書くケース

月の売り上げ=(メルマガ購読料×人数)-経費
経費=配信システム利用料

配信システムは、主にまぐまぐ!が有名ですので、ここではまぐまぐ!を例に解説します。

まぐまぐ!で有料メルマガを配信する場合

システム利用料

40%=まぐまぐ!の取り分(システム利用料)
60%=発行者の取り分(印税)

この数字を高いと考えるか、安いと考えるか。
そこは見解が分かれるところでしょう。

読者獲得方法

まぐまぐ!のメルマガページの至るところで有料メルマガが紹介されます。まぐまぐ!もビジネスでシステム提供をしているわけですから、有料メルマガの購読者が増えることを望んでいます。

いま人気の堀江貴文さんのメルマガ。
こちらを例に考えると、売り上げの40%がまぐまぐ!のシステム提供料です。
つまり、4,000万円が利益になるわけです。

ここ1年くらいのまぐまぐ!のウェブページ構成を見ていると、有料メルマガの告知に力を入れていることが分かります。まぐまぐ!に「儲かるメルマガ」だと思ってもらえれば、まぐまぐ!の配信システムを使うのは有効でしょう。

独自で有料メルマガを配信する場合

自分でキッチリ読者が集められる場合、または購読料が高い場合などは、独自の配信システムを利用した方が良いでしょう。

システム利用料

自社でクレジット課金の契約もし、顧客管理も行う場合、経費は10~15%くらいに落とせると思います。

配信システムは、弊社で提供しているアイ・メールのような独自配信システムでも十分対応可能です。

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。