メルマガ配信前に決めること

目的、担当者、テーマなどを決める

メルマガ配信前に決めたい基本事項はスタート時にしっかり決めておくことで、配信後の効果が違ってきます。継続的かつ良質なメルマガ発行にも繋がります。

  • 目的 → なにを実現するメルマガなのか
  • 対象 → 誰に配信するのか
  • テーマ → 何を書くか
  • 担当者 → 誰が書くか
  • タイミング → いつ配信するのか
  • 周期 → 配信の頻度
  • システムの選択 → を使って配信するか

目的

メルマガで実現できることはたくさんあります。売り上げを上げる、顧客との関係を維持する、顧客をフォローする、顧客を教育する。どれを目的とするのか、また自社のビジネスモデルのどこにメルマガを活用するのか決めましょう。

対象

対象が誰なのかを明確にします。名刺交換をした人なのか、ウェブサイトから登録をした人なのか、どの事業に興味を持っているのか。それによって配信する内容にも影響が出ます。

テーマ

顧客が求めている情報を理解その情報を届けましょう。売りたい商品に直結する情報よりもその周辺情報の配信が喜ばれます。具体的には、求人広告を売りたいならば、雇用情勢や内定率、そのような情報であれば売り込みではなく喜んで読まれます。

担当者

誰が書くのかが重要です。社内のことを理解し、継続的にライティングできる人間を選びましょう。

タイミング

メルマガをいつ届けるのか。通勤途中に読んで欲しいなら、通勤時間がよいでしょう。仕事始めに読んで欲しいなら9時前がベストでしょう。このように相手の行動を予測しながら配信タイミングを検討しましょう。

周期

配信頻度が多くなるとスパムメールだと思われます。効果が最大化される適切な回数を考えましょう。

システムの選定

配信システムの乗り換えは手間がかかります。メルマガにあったらいい機能をあらかじめ考えた上でシステムを選定しましょう。

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。