継続こそ重要なこと

メルマガは継続なくして、効果なし

準備に時間を費やしやっと思いで発行にこぎつけたメルマガでも、実は、すぐにやめたくなってしまう人が驚くほど多いのです。

ネット上でビジネスに活用できるツールはたくさんあります。
そのひとつとしてメルマガも継続することは難しいのです。

もしかして、今これを読んでいる発行者のあなたもそうなのでは?

もちろん「売り上げを上げて回収する」のがメルマガ発行の目的なのですが、なかなかそれもままならずに、諦めていませんか?

そして、スタートして数ヶ月後には、「そう言えば届かないなぁ・・・」というメルマガの仲間入りをしてしまっていませんか?

「ドキッ」としましたか?・・・でも、これが笑い事ですまないほど多いのです。

「何のためにメルマガを書いているんですか?」
「続けないと効果はでませんよ!」
「いくら投資したんですか!回収しましょうよ。」

これを自問自答してください。

皆さんにも、

「そう言えば最近あのメルマガ届かないなぁ」
「いつの間に解除したんだっけ・・・」
「もう2ヶ月は見ていないぞ」

このケースに当てはまるメルマガがあるのではないでしょうか?

そういうメルマガはいくつありますか?
発行者に対する信頼は落ちていませんか?

ビジネスの現場で、メルマガを発行したものの活用できないどころか、信用まで落としてはよくありません。

メルマガを続けられなくなる理由

メルマガを続けられない理由は様々です。

  1. 書くのが面倒
  2. 時間がない
  3. ネタが続かない

などがあると思いますが、(1)(2)は両方とも努力次第で改善できることだと思います。

そもそもその時間を作ったり、行動に移せないのは論外です。

ネタが続かないということであれば、正直なところ初めからそのメルマガを書くべきではないのかもしれません。

メルマガは自社のビジネスに直結した内容を書くことが多いはずです。

ご自分の興味のあることだったら、1時間くらい話し続けられますよね?
自社のことだったら1時間くらい話し続けられますよね?

そのような専門性の高いものを書くわけですから読者が読みたいと思うわけですし、有益な情報となり得るのです。

効果を期待して始めたメルマガを、即休刊、即廃刊にしてしまったらまったくの逆効果です。
メルマガは必ず継続を前提として取り組んでください。

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。