メルマガ広告vsリスティング広告

メルマガ広告とリスティング広告の違い

「最近メルマガ広告が入りません。リスティング広告と効果を比べられます」

というご相談をいただきました。メルマガ広告主の多くが、お客様から

「クリック率は何パーセント?」
「クリック数はどのくらい?」
「コンバージョン率は何パーセント?」
「コンバージョンはいくつ期待できますか?」
「リスティング広告とどっちが効果あるの?」

このような質問を受けることが増えたようです。

メルマガ広告とリスティング広告のどちらを使うか迷っているお客様も多いようです。
この問題を、クリック率とコストの観点から比較して、考えてみたいと思います。

メルマガ広告とリスティング広告どちらが効果的?

平野友朗のメルマガ(メルマガ成功法)(※現:0.1%の成長)を例に解説しましょう。

<例1>クリック率が0.5%の場合

発行部数:80,000部
クリック率:0.5%
80,000部×0.5%=400クリック
広告費=10行コメント付=80,850円

クリック率が0.5%の場合、1クリック当たりのコストは
80,850円÷400=202.125円です。

<例2>クリック率が0.1%の場合

発行部数が80,000部
クリック率が0.1%
80,000部×0.1%=80クリック
広告費=10行コメント付=80,850円クリック率が0.1%の場合、1クリック当たりのコストは
80,850円÷80=1010.625円です。

最近のメルマガ広告のクリック率

私もメルマガ広告をいろいろと出稿していますが、最近のメルマガ広告のクリック率は、0.1%~0.5%に落ち着いてきたように感じます。
この数字を出した時に、1クリックが500円くらいなら「メルマガ広告よりもリスティング広告のほうがいいですよ」って言われることがあります。

でも、・・・・・実はそうではないんです!

メルマガ広告の場合、リスティング広告の5倍程度までは費用がかかってしまっても問題ないと思います。
つまり、リスティング広告に200円払うなら、メルマガ広告の場合1,000円でもOKということです。

それはリスティング広告より、メルマガ広告のほうに優位性があるからです。

メルマガ広告の優位性

その1.スピード

メルマガ広告の場合、配信後2日間くらいで結果が出ます。
すぐに結果が欲しい場合、メルマガ広告が有効です。
時間をお金で買う感覚ですね。

リスティング広告も当日からすぐに出せますが、狙ったクリック数を出すまでには少し時間がかかることもあります。

その2.属性が明確

メルマガ読者の属性は、広告を掲載するメルマガを見るとある程度容易に推測できます。
アドワーズのコンテンツネットワークへ掲載するよりも、ターゲットの合った人に見てもらえると予測できます。

その3.広告の情報量

メルマガ広告の情報量は、35文字×5~10というのが一般的です。
もちろん中には号外広告など、もっと文字数が多いものも存在します。

これに比べてリスティング広告はどうでしょうか?

アドワーズの場合は、タイトル12文字、説明文17文字×2行です。
発信できる文字量の違いも、メルマガ広告のメリットといえます。

情報量が多いため、クリックをするかどうかのたくさんの判断材料を与えることになります。
これがメルマガ広告のクリック率が低くてもいい理由です。
情報が多いので、購入意思の高いお客さんが集まりやすいのです。

逆に、リスティング広告の場合、「先に何があるのかわからない」状態でクリックをすることが多いので、無駄なクリックが多くなります。

いろいろと広告を出して試してみましたが、中身が伝わるようなライティングをした場合、メルマガ広告のほうが、圧倒的に購入に結びつきました。

メルマガ広告が勝った平野友朗の実例

ある有名メルマガに広告を出しました。
広告費用は、約30,000円。
実際のクリック数は、38件でした。

この数字だけ見たらクリック単価が789円なのですごく高く見えてしまいます。

しかし、購入にここから5人が結びついています。
※当時掲載したのはビジネス実践塾の入会案内です。
これによって、新規の会員さんが5名増えたのです。

入会率は13%です。
これだけの高い数字は、リスティング広告ではとることができなかったでしょう。

もちろん、

  • メルマガ広告の媒体としての品質
  • 広告のライティング
  • 飛び先のページ(ランディングページ)の品質

が大きく影響を与えています。

最近のリスティング広告の高騰を考えると、メルマガ広告にもまだ勝算はあるなぁと思っています。

リスティング広告が昔みたいに安かったらいいのですが。
利用者が拡大しているので、値段が適正範囲を超えて吊り上がってきました。

キーワードを複合にするなど細かい対策は必要です。プロ並みにつきつめてやれないのでは、お金も無駄になりそうですね。
もしメルマガ広告を出してみて、面白い結果が出たら教えてくださいね!

メルマガを取り入れたビジネスの仕組み作り!即興アドバイス付きセミナー
平野友朗の日刊メルマガ『0.1%の成長』(無料)

ABOUTこの記事をかいた人

平野友朗。株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役/一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事/ビジネス実践塾 主宰。 1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類で認知心理学専攻。広告代理店勤務を経て、2003年、日本で唯一のメルマガ専門コンサルタントとして独立。メールコミュニケーションの専門家として知られる。得意とする分野は、メールマーケティング、メール営業、時間短縮などの業務改善。ウェブマーケティングの戦略立案やメルマガ・ウェブサイトの改善。メディア戦略を含めたブランド構築や出版プロデュースなど多岐に渡る。自らのメルマガ「平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】」では、コミュニケーションデザインやウェブマーケティングに有益な情報を送り続けている。